2014年3月の記事一覧

日本での実績

ブランドの世界やリネンを生で正確に表現できる。都市の地価下落や大規模な再開発の動き、などが背景で人気の海外インポートブランドです。表参道、南青山、代官山などのファッション街に続き、04年には東京のセンター、銀座でも大型旗艦店の進出や増床のラッシュが続き、一般紙にも掲載されたりもした。 では、こうしたインポート・ラグジュアリーブランドは、日本ではどれほどの実績なのか。帝国データバンクによると、海外インポートブランドの日本法人42社の03年度の申告所得は前年比16.9%増でそれまでの最高であった。01年以降は3年連続で1000億円を超えていた。

トップは81年に日本ではじめてルイ・ヴィトンの直営路面店を開設、セリーヌやロエベなども持つルイ・ビトン・ジャパンです。申告所得は351億円で、調査スタートから11年連続で首位を維持した。2位はエルメス・ジャポン社の126億円だった。 売上高のトップもLVJグループである。業績の未公開を決める前の03年度は、前年比12.7%増えて1529億円。日本市場での後初組では、イタリアンインポートブランド、プラダとミュウミュウのプラダ・ジャパンが、03年度に前年比10%憎の330億円の実績を記録した。 アメリカン・インポートブランドでばんばっているのはコーチのコーチジャパン。01年度に設立されたばかりだが、05年6月期の売上高は405億円、店舗数は104店の急成長ぶり。当時、今後4年間で旗艦店含め年10店ペースで開き、800億円目標といっていた。

2014年3月29日||トラックバック (0)

カテゴリー:インポートブランド

 

 

Powered by
Movable Type 4.261