インポートブランドNavi

 

 

最新情報

日本での実績

ブランドの世界やリネンを生で正確に表現できる。都市の地価下落や大規模な再開発の動き、などが背景で人気の海外インポートブランドです。表参道、南青山、代官山などのファッション街に続き、04年には東京のセンター、銀座でも大型旗艦店の進出や増床のラッシュが続き、一般紙にも掲載されたりもした。 では、こうしたインポート・ラグジュアリーブランドは、日本ではどれほどの実績なのか。帝国データバンクによると、海外インポートブランドの日本法人42社の03年度の申告所得は前年比16.9%増でそれまでの最高であった。01年以降は3年連続で1000億円を超えていた。

トップは81年に日本ではじめてルイ・ヴィトンの直営路面店を開設、セリーヌやロエベなども持つルイ・ビトン・ジャパンです。申告所得は351億円で、調査スタートから11年連続で首位を維持した。2位はエルメス・ジャポン社の126億円だった。 売上高のトップもLVJグループである。業績の未公開を決める前の03年度は、前年比12.7%増えて1529億円。日本市場での後初組では、イタリアンインポートブランド、プラダとミュウミュウのプラダ・ジャパンが、03年度に前年比10%憎の330億円の実績を記録した。 アメリカン・インポートブランドでばんばっているのはコーチのコーチジャパン。01年度に設立されたばかりだが、05年6月期の売上高は405億円、店舗数は104店の急成長ぶり。当時、今後4年間で旗艦店含め年10店ペースで開き、800億円目標といっていた。

2014年3月29日||トラックバック (0)

カテゴリー:インポートブランド

オリジナルアイテムできめる。

最近ではいろんなところでイベントをよく見かけます。大きなイベントから小さなイベントまで様々ですが、人が多いところは活気があって楽しいですね。そんな中で見かけた小さな店舗ですが、スタッフの人がお揃いのTシャツを着ていて素敵でした。黄色のTシャツに黒で店舗の名前と店舗のキャラクター?の小さなクロネコがプリントされていて、店舗の商品よりスタッフのTシャツに心奪われてしまいました。ブランド品も素敵ではありますが、オリジナルアイテムも枚数が少ない分、希少価値がありますよね。見知らぬ人と服がかぶった時の恥ずかしさはなんとも言えないものがあります。オリジナルアイテムならそんな心配は無用です!むしろ同じTシャツを着た人がいたのなら、なんだか親近感がわいて話しかけてしまいそうですよね。

そんな特別感満載のオリジナルTシャツが安く作成できるってしってますか?私は正直こんなに安いとは思っていませんでした。だってオリジナルアイテムや一点ものといった作家さんが作るようなアイテムは揃って高価なものばかりですから。自分でデザインしたTシャツというのも当然高いのが当たり前だと思っていましたが、実はそうではありませんでした。オリジナルtシャツは確かに1枚作ろうと思うと結構な金額になりがちですが、チーム等で作るなら1枚当たりの金額はとっても安くできるんです!これを知らないなんて本当に損をしていると思います。イベントではお揃いのTシャツを着ている人をよくみかけます。それは同じ商品を複数かった場合もあります。だいたい既製品のTシャツの値段は2980円とか3980円とかでしょうか。安いTシャツなら980円とかもっと安いTシャツもあるとは思いますが、概ねそんな値段です。一方オリジナルTシャツの値段はピンキリではありますが、既成品と比べても大した違いはありません。アイテムにこだわればオリジナルTシャツが1枚あたり400円~500円くらいで作成できます。意外と知られてない事なのでオリジナルTシャツに興味がある人は是非調べてみてくださいね。

2014年2月 6日||トラックバック (0)

カテゴリー:雑記

オシャレな高級インポートブランド

日本人は曖昧だとよくいわれますが、そこには人間の限界を知るいたわりがあるように思います。含羞という言葉が私は好きです。肩肘張って仕事を したり、頑張りすぎている姿をひとに見せたりするのが、恥ずかしいのです。自分自身も大切ですが、人を思いやり、恥じらう含羞の心を、服にも反映さ せていきたいと思い続けてきました。 今、日本へは高級インポートブランドが入ってきていますから、多様なオシャレを楽しむことができるようになりました。それだけに、作り手も着手も、 日本人であるという自分を見つめる目をしっかり持っていないと、表面的な現象に流されてしまいます。 もともと日本には、てまひま惜しまずに、よいものを作る技の伝統がありました。その伝統を大切にして、心を込めてモノ作りをすれば、迷うことなく、 誇りを持って生きていけるのではないでしょうか。

インポーターとは海外ブランド商品などの輸入方式、輸入形態です。輸入総代理店とは、海外の企業やデザイナーなどと契約を結び、そのブランド商 品について、自国に関する独占的な輸入・販売の権利を持っている企業のことです。商社、輸入商社、アパレルメーカー、およびジャパン社などが該当し ます。 通常の買い付け方式とは、海外アパレルメーカーや見本などを回る、来日企業の持参サンプルを見るなどして商品を選び輸入。セレクトショップのほか、 輸入商社やメーカーもこの方式を取る場合がある。 海外委託生産方式とは自社の商品企画に基づいて、海外メーカーに生産を委託し、製品や半製品を輸入する。

2013年8月15日||トラックバック (0)

Powered by
Movable Type 4.261